コロナに際してデルタのメダリオン会員への特別処置

コロナウイルス(COVID-19)の発生によって、まったく海外に行く機会が無くなりました。デルタ航空(Delta)のゴールドメダリオン会員の資格を得て空港ラウンジを利用するためにアメックスのゴールドカードを契約していますが、海外へ行かないので無駄な出費となっています。それに際してデルタ(Delta)/アメックス(AMEX)から特別処置のアナウンスがありました。

ニュース | Delta News Hub

https://www.americanexpress.com/jp/index/offers/Topics/2020/delta-medallion-program.html

内容としては、下記になります。
1) ゴールドメダリオンの期限を1年間延長(2021/01 → 2022/01まで延長)
2) 次の資格取得プログラムの条件の引き下げ (150万 → 100万)

1) によって2022/01までゴールドで、今年度のカード利用額が100万円であれば2)が適用されて2023/01まで伸びるように見えます。問題はそれまで26,000円/年のカード会員費用を払い続ける必要があるのか、でしょうか。

コロナが落ち着く気配が見えないので、2023年まで延長しても意味があるのか(利用する機会はあるのか?)どうかは悩ましいところです。以前のように気軽に海外に行く所までは回復しない確立が高いと思っているので、カード会員費用は払いたくないです。

マイカーについて

既に死語である”マイカー”。車を所有するということですが、やはり高いですよね。私は車好きでもないので、正直、支払いする額と所有する価値が見合わない思い「勿体ない・・・」と昔から思っているのですが、あると便利ではある。本当はそれ相応の価値を持つ良い買い物なのかもしれませんね。

「マイカー」の画像検索結果

最近ベンツのV220が気になって、ディーラーへ行ったり試乗したりしていますが、いざ車に800万円となると良いかなぁ〜と思いつつも「高い!」という感情は拭えません。全然元が取れる気がしない。おそらくこれは自分の丈に合わない買い物なのでしょう。

じゃあ気にならない額はいくらか?と言われると300-400万円くらいかなぁ。でも勿体ない気もするなー。となると軽自動車?でも安全面が気になる。

こういう感覚は大事にしていて、やはり車を所有すること自体がマッチしない世の中になっていくのでしょうね。明らかにコストメリットが合わない。