「転職の思考法」を読んで。

この本を読んだきっかけは全く覚えてないのですが、転職を全くするつもりは無い状態で読みました。図書館でオンライン予約で借りた本なので、ふとしたきっかけだと思います。結果としては、ここ1年くらいで一番面白い本でした。自分が思っていたかなりの部分が言語化されており、頭がクリアになりました。著者の北野唯我さんは少し前に読んだ「天才を殺す凡才」も出版されており、最近流行りのClubhouseでもフォローしました。

[北野 唯我]のこのまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

いくつも印象に残る言語化された内容がありましたが、自分として一番スッキリしたことは私的な理解だと、人は2パターンいて「やりたいことが明確な人間(目的)」「どんな風な生活をおくりたいか(状態)」であり、99%は後者である、という部分です。本当にやりたいことが無いので人生を全うできないと悩んでいたこともありましたが、自分は「お金に困らないストレスフリーな状態になりたい」という思いがあり、それはそれで正しい方向性なのだと整理できました。

20代は専門性、30代は経験、40代は人脈、というのも自分の経験からなるほどね、自分もそのような人生を歩んでいるな、と思いつつ未だに人脈というのは半分しか実感していませんが。

ソフトバンク光のルータを2.3から2.4に交換

数年間、ソフトバンク光を使っていますが、ソフトバンク携帯での割引だったり、テレビを契約してたり、IPv6を設定することで400Mbpsが出ているなど、大きな不満はありません。若干WiFiが不安定になっていることを除いて。別途WiFiルータの購入も考えましたが機器が増えるのも嫌なので我慢していましたが、なんと新しいE-WMTA2.4が出ていることに気が付きました!しかもIEEE 802.11ac/axというWiFi 6に対応しているではありませんか!

初心者でも大丈夫!ソフトバンク光で市販のルーターに交換して利用する方法 | FREE SWORDER

E-WMTA2.4に交換できればiPhone 11 Proの通信速度も速くなるし、機器も新しくなるから安定度も回復(するはず)、しかも追加料金無しなので交換しない手はありません。ただインターネットで調べた限りだと、E-WMTA2.3ユーザーは原則対象外で2.2/2.1のユーザーを優先で交換しているように読み取れます。でも、ぜひとも交換してほしいと思いソフトバンクのお客様センターに電話してみました。下記、大まかなやり取りです。

「2.3を使って数年経っていて、WiFiが不安定で、時々再起動して使えなくなるんですよねー。新しいルーターに交換してもらえませんか?」

担当者「お客様の通信状況を確認しますね。(保留時間)。確かに長年使っているので新しい2.3のルータをお送りしますね」
「ネットだと2.4が出ているようなので、そっちが良いんですけど。」

担当者「今、2.4の在庫が少ないので2.1/2.2のユーザーさんに優先的にお送りしているんです。」

と想定通りの返答が来ました。でもどうしても2.4が良い!!ということで粘りました。

「なぜ同じ料金を支払っているのに私は悪いサービスを受けないとならないんですか?2.3は2.4よりも料金が安くなるんですか?」

担当者「しばしお待ち下さい」

2,3分保留状態。おそらく上長に相談しに行っていると思われる。

担当者「お待たせしました。2.4は在庫の関係でお待たせするため、すぐにお使いいただけるように2.3をお送りさせていただいています。」

「(2.1/2.2のユーザーは待たせても良いってこと?さてはマニュアル対応だな。)どのくらい待たされるんですか?」

担当者「1,2週間です。」

「(そんなの全然OK。多分もっと短いはず) その程度だったら待てますので2.4で手配をお願いします!」

担当者「分かりました。」

ということで、実質1週間くらいで2.4のルータが到着しました。実際WiFiの速度は若干速くなった程度でしたが、安定度はまして電波も強くなった(気がする)ので満足です。ソフトバンクコールセンターの担当者様、ご対応ありがとうございました!

光BBユニット2.4の仕様:
https://www.softbank.jp/support/faq/view/26554

リモートワークになって、オシャレな物を買うようになった

家に居ることが多くなったので、色々と通販で買い物をしたい病になっています。特にリモートワーク環境を快適にするモチベーションが高いです。最近では細かいものも含め色々と買っていますが、時計にこだわりました。TWEMCOの時計はお気に入りです。

https://www.gl-trade.co.jp/twemco/

それ以外にも、掃除機は高いですがデザインやブランド、機能性を重視してダイソンやルンバを購入したり、ビーズクッションもYogibo(ヨギボ)を購入して、家生活を快適にしようと物色してます。

https://yogibo.jp/?utm_source=mailmag&utm_campaign=mailmag&utm_medium=200502

書籍: 「GACKTの勝ち方」

学生の頃にMALICE MIZER(マリスミゼル)という飛び抜けた風貌のバンドが出てきた時のインパクトは未だに残っています。その元ボーカルだったGACKT。「12月のLove Song」という歌は良くカラオケで歌いました。年始に放映している格付け番組でも強烈な存在感があり、昔から何となく気になる存在ではありました。最近のR25のインタビューを読んで共感する部分があり、前から気になっていた本を読んでみることにしました。

自分の理想とする人物像「GACKT」を自らの中に作りだし、それに近づくために自らを高め努力をしていく。なかなかのナルシストでありマゾだと感じました。これは否定ではなく、彼が人生を楽しく過ごすための得意な方法がこのやり方なのでしょう。

一点、幸せは面積を大きくすることで考えるという部分は新しいインサイトとなりました。

リモートワーク/テレワーク用の環境強化 (2)

新型コロナウイルスの影響もあり、先日リモートワークに必要な最低限の装備についてお伝えしましたが、あくまで最低限の装備ですので、更に充実させることは需要です。ここから先は人によって優先度が変わってきて、椅子やキーボードなどが候補に挙がりますが、同じくモニタ/ディスプレイも重要です。

リモートワーク/在宅勤務を快適にする、おすすめアイテムまとめ | ゴリミー

といいつつもまだ買っていませんが、最新のディスプレイとディスプレイアームは興味があります。今は品薄のため価格が上がっていたり在庫不足になっていますが、ゆくゆくは揃えていこうと思います。私はiPad Proを持っているので活用していますが、同じくiPadをお持ちの方は、セカンド、サードディスプレイとして活用ください。

リモートワーク/テレワーク用の環境強化

普段はMacBook Proを利用してますが、新型コロナによってもたらされた強制的なリモートワークによって色々と装備を強化したい症候群にかかっています。色々とあるのですが、長期的にリモートワークが根付くと思いますので必要な知識を備えつつ、最低限必要なものを揃えておきましょう。ツールによって仕事のパフォーマンス、ないしは収入に影響が出てくるでしょう。

リモートワーク」の問題点とその対処法 | ライフハッカー[日本版]

(1) 最も重視すべきはネットワーク環境。リモートである以上、外部との通信パフォーマンスはダイレクトに効率化に影響がでてきます。まずはここからです。可能であれば有線で安定的に通信できる環境を整えましょう。

(2) 次にコミュニケーションツール。Zoom, Microsoft Teams, Google Hung-out, Chime, Skype, BlueJeansなど色々とありますが、あらゆるチャネルに対応できるように全部のソフトをインストールしておきましょう。

(3) 最後にマイクとスピーカー。上記の環境を整えたら、自分の存在感を出すためにマイクを強化する、皆の声をきちんと聞くためのスピーカーを揃えれば、リモートワーク時代を生き抜くための最低限の環境は整います。

逆に、これらの環境を軽く見ていて、たいして調べもしないまま最低限の環境すら整えない人は、いくら仕事を頑張って努力をしても効果的に伝わらないという悲しい結果を招いてしまうことになるでしょう。

コロナウイルスがキッカケのリモートワークと一軒家の考察

コロナウイルスによるリモートワークが開始して約2ヶ月が経過しますが、ほとんどずっと家の中で過ごす生活は徐々に精神的に弱っていく気がしています。特に仕事中に朝から晩まで同じ部屋で同じ机に向かって作業していると、刑務所に服役している感じ(経験は無いので想像ですが、、)になります。私は一軒家に住んでいますが、マンションだとどうなんだろうと想像比較してしまいました。

女性の一人暮らしでも一軒家に住みたいと考える人が増えている ...

我が家は3階建の狭小住宅で4階部分が屋上になっています。そして注文住宅だったので1, 2, 3階と色合いや雰囲気がそれぞれ多少ですが異なります。また構造上1階は日陰だが3階は日当たりが良いなどの違いがあります。私はそれを上手く利用して、ミーティングに応じて1階の個室、2階のリビング、3階の寝室、4階の屋上と使い分けることで気分転換をしながら仕事をしています。

マンションの場合を今までの賃貸生活をベースに想像してみましたが、場所によってそれほどバラエティーの富んだ場所が確保できないのでは!?と思いました。どの部屋も同じ階ですし、部屋もリビングをハブとして繋がっているし、階を変えての気分展開は味わえません。

一方で一軒家は色々なスタイルがありそうです。例えば、我が家は狭小住宅なので庭が無いですが、庭に数週間テントを張りっぱなしで仕事をしているなどの話を聞くと非常に羨ましい!!

今後リモートワークの比重が高くなってくることが予想されますので、今後は多少都心から離れていても「庭付き一戸建て」の時代が戻ってくるのでは無いかと感じています。そもそもタワーマンションなんてメンテナンス費用とか震災とか考えると想定されないリスクが多すぎると思うのは私だけでしょうか。

iPadのSidecarがUSB経由で繋がらない。。でも解決!

リモートワーク/テレワークが本格化し、テレカンでのコミュニケーションが増えてくるとディスプレイが複数必要になってきます。せめてコミュニケーションツール用と資料やブラウザ、チャットなどを確認する用の2つは欲しくなりますよね。そこでiPadをセカンドディスプレイとして使えるSidecarを設定しようとAppleのMacBook ProとiPad ProをUSB接続してSidecarを有効にしても「接続できません」と出てしまい上手くいかない、、、WiFi経由だと繋がるのになぜだろう?としばらくハマりました。

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う - Apple ...

結論としては簡単で”信頼関係が出来ていない”でした。以前のMacだとUSBで繋げるだけで信頼関係の有無を尋ねるダイヤログボックスが出てきてたと記憶してたので、既に信頼済みだと思ってました。WiFiだとSidecar使えるし。

最近のMacOSではMacBookとiPadをUSBで繋げると、下記の赤い四角の様にiPadがマウントされた形で表示されるのでそこをクリックします。すると信頼関係が出来てない場合はダイヤログボックスが出てくるので「信頼」をクリックしてください。

上手くいかない場合は、一度信頼関係をリセットしてから再度試してみると良いかもしれませんね。(https://support.apple.com/ja-jp/HT202778#change)

ちなみにUSBでのSidecarに拘った理由は、有線LANの方が通信速度が速く安定しているので、WiFiをOffにした状態でSidecarを使いたかったのです。

信頼関係に関する参考URL: https://support.apple.com/ja-jp/HT202778

新型コロナウイルスへの反応で人を見る

個人的な意見としては、正直騒ぎ過ぎですよね? 色々な人達の意見があると思いますが、健康にうるさい人とそうでない人で分かりやすく反応が別れますね。健康にうるさい人は、おそらく生物学的に弱い人達なので本能的に防御機能が働いて、とにかく自分にとって安全、安全、安全、の判断をします。自分の安全確保のために正論を振りかざします。

「新型コロナウイルス」の画像検索結果

特にサラリーマン意識が強い人はその傾向が強いので、それを補う案を出さずに安全のみを主張するだけの人は組織の上に立つことは出来ないでしょう。極論として人に接触しない状態のみがとにかく安全で異論は認めない、というのが最も簡単で楽な回答ですが、これは幼稚園児でも出来ます。様々な意見が出るような正解の無い問いに対して、あらゆる全体バランスを考えたベスト案を考えて実行できるかが重要な能力と思います。これはAIには出来ない、今後価値のあるスキルと考えています。

そもそも今の絶対的な基準となっている「お金」や「経済社会」は継続するのか?

「これから人口が増えて経済が活性化して、後進国である東南アジアやインドが投資先として良い。そしてその次は南アフリカ/アフリカ全土や南アメリカが同様な状態になる。戦後の日本と一緒だ!」という話を良く聞きます。これまでの経済の概念が継続するという前提であればおそらくこのような未来が待っているのでしょうが、本当に順調に進むのか、これが正しいのか、若干の違和感を感じています。単純過ぎませんか!?

「南半球 地図」の画像検索結果

未だきちんとグローバル経済に入っていない東南アジアやアフリカ、南アメリカが参入して、今後数年は更に活性化するというのは分かります。オーストラリアですら昨年にようやくAmazonが参入したと、現地のUberに乗った時に運転手さんに聞きました。着々とGlobal Servicesが広がっているのは実感できますし、Global Companyにとっては、そうせざるを得ない状況なので未開拓の地を開拓していくでしょう。

感じている違和感というか疑問は、全ての国でサービスを展開終わった後に、それ以上の成長はあるのか?経済社会はここで終わり(ここをピークに衰退していく)を迎えるのか?これから世界はどの様な成長/進化を遂げていくのか?という所から来ています。 20-30年後には経済社会は終焉を迎え、お金という価値以外の何かを追い求める社会になっている可能性があるのではないかと考えています。勿論、他人との関係において、お金以外の同様の価値観を共有する「何か」は存在していると考えています。

私の子供達はそのような新しい価値を軸とした社会を生きることになると思いますので、お金を増やして相続するだけという短絡的な考えを捨ててサポートできるよう頑張って次の世代へ繋げていきます。

やはり自分にとって一番の目的は、次世代において強い生命力を維持するための能力を子供に残す、という事になります。