コロナウイルスの後 (After COVID-19)、世の中はどうなるか (1)

最初は中国で発生したコロナウイルスでしたが、今や世界中に多大な影響を及ぼしており、2月の時点ではこんな展開は想定していませんでした。今後数年かけて色々な常識が変わり、企業が変わり、経済状態が変わり、世の中が変わって行く転換期となると思っています。少しずつ状況をみて頭を整理しながら、つぶやきのように、主に投資について今考えて行動していくことを書いていきます

Maps show drastic drop in China's air pollution after coronavirus ...

まず大局として思うのは「世界中でお金の発行量を増やすだろう」ということ。世の中のお金の量が増えてインフレに大きく振れるだろうと予想しています。しかも目立たずに徐々に徐々に進んでいきます。そう考える理由は下記の通りです。

日本でも全国民に一律10万円を配布するだったり、オンライン化への投資、オリンピックの延期、影響の大きな事業者への損害補填をするなど、緊急事態宣言の実施に合わせて色々と莫大なお金が必要な対策案が出ています。この財源はどうするの?ですが、こんな状況では当然税金は当てにならないので、なんだかんだでお金を刷って増やすしかないと思います。日本だけがそうすると円が弱くなってしまうので通常ではできませんが、今は世界中で同じような状況なので、これ幸いと世界中の国々がお金を刷りまくって配りまくって経済を安定される方向に向かうので、為替が大きく乱れることもなく、世界中のお金の量が増えていきます。

違和感を感じている一部の人々を除いて、普通の人々はどこの財源から出てくるお金なのかを意識せず、お金を貰えるんだったら嬉しい、ということでお金を受け取って消費するでしょう。ヘタしたら将来に備えてさらなる貯金をするかもしれません。。。

結論として、私は1,2年でお金の量が数倍になり、数年後には数倍のインフレになっていると予想していますので、生活や投資チャンスに対応できるための現金を残しつつ、株や投資信託、金、不動産、アンティーク、高級時計など現金以外の投資を進めていきます。経済の専門家でも無いですし、歴史的なデータの裏付けも調べて無いですし、こういうことは初めての経験ですが、そうなるしかないんじゃないかな?と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です