コロナウイルスの後 (After COVID-19)、世の中はどうなるか (3)

コロナウイルスの後 (After COVID-19)、世の中はどうなるか(1)では大局的にお金の流通量が増えてインフレに向かうだろうと予想し、コロナウイルスの後 (After COVID-19)、世の中はどうなるか(2)では不動産賃貸業への影響について投稿しました。今回は株や投資信託についてです。

coronavirus news: Economic life after Covid-19: Lessons from the ...

3月中旬の下げのピークを過ぎて、株価は大きく下げたものの徐々に回復してきています。Amazonや富士フィルムなどはコロナ前の株価に戻るどころか過去最高の株価を記録しています。インフレの加速を想定しているので、数年かけて株価は戻っていくとおもいますが、数ヶ月単位ではこのまま順調に回復していくとは思えません。何度か大きく株価が動く場面があると想定しています。

必ず波乱があると思うタイミングは2020年7月です。多くの企業は4〜6月の業績を7月に発表します。日本だと2020年の1Q(第1四半期), USだと2Q(第2四半期)/1H(第1半期)というタイミングであり、コロナウイルスの影響を受けた企業業績を発表するタイミングとなりますが、多くの企業は大きなマイナスの業績影響を発表すると考えています。

総合して大きなマイナスの経済インパクトが数値化され、それをマスコミが煽るような報道をするため、このタイミングで再度大きく下げると予想しています。そのタイミングがコロナ騒動の最後の投資の場となるかもしれないので、「現金の確保」「コロナ後の優良企業選定」という準備を進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です