コロナウイルスの後 (After COVID-19)、世の中はどうなるか (4)

これまでコロナウイルスの大局的なインパクト不動産賃貸業への影響株/投資信託への影響、について投稿してきましたが、これがいつ落ち着くのか?についてです。おそらく2020年中には完全に落ち着かないでしょうね。その間リモートワークが進み、それによって無能な社員のあぶり出しと人員削減、そしてリモートワークの浸透による共働きの加速が進むと思います。こう見ると正しい方向に進んで行っているように見えます。

新型コロナウイルス後の世界を予想する(1):逆都市化 | Coral Capital

コロナの終わり方としては、ワクチン的なものができて分かりやすく終わる。もしくはエイズの時のように(具体的は全然知らないので想像ですが)人々が慣れてきて何となく終息というどちらかと思いますが、それに2021年のオリンピックを重ねる形が、特に日本にとってのベストケースと思います。

なので2021年夏のオリンピックに向けて日本政府や企業がコロナ終焉のシナリオを書いて進めていくと思います。海外勢も協力するでしょう。

よって、そこをコロナ騒動の終焉と想定して、投資スケジュールを描いていくのが良いと考えてます。2020年7月、10月, 2021年1月の企業の業績発表を注視しながら投資アクセルを調整していきます。常に余力を残しながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です