コロナに際してデルタのメダリオン会員への特別処置

コロナウイルス(COVID-19)の発生によって、まったく海外に行く機会が無くなりました。デルタ航空(Delta)のゴールドメダリオン会員の資格を得て空港ラウンジを利用するためにアメックスのゴールドカードを契約していますが、海外へ行かないので無駄な出費となっています。それに際してデルタ(Delta)/アメックス(AMEX)から特別処置のアナウンスがありました。

ニュース | Delta News Hub

https://www.americanexpress.com/jp/index/offers/Topics/2020/delta-medallion-program.html

内容としては、下記になります。
1) ゴールドメダリオンの期限を1年間延長(2021/01 → 2022/01まで延長)
2) 次の資格取得プログラムの条件の引き下げ (150万 → 100万)

1) によって2022/01までゴールドで、今年度のカード利用額が100万円であれば2)が適用されて2023/01まで伸びるように見えます。問題はそれまで26,000円/年のカード会員費用を払い続ける必要があるのか、でしょうか。

コロナが落ち着く気配が見えないので、2023年まで延長しても意味があるのか(利用する機会はあるのか?)どうかは悩ましいところです。以前のように気軽に海外に行く所までは回復しない確立が高いと思っているので、カード会員費用は払いたくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です