iTunes Matchを契約してみたけど・・・

自前のMP3をクラウドで管理/再生できる便利サービスのGoogle Play MusicやAmazon Musicが終了したり、機能が制限されたり、使いづらくなったりで変わりとなるサービスでGAFAの一角であるAppleのiTunes Matchに目をつけました。年額3,980円で10万曲まで保存できるとのことで、価格もリーズナブルでApple社なので最低限のクオリティは確保されているだろうと思い、お試しが無く、年契約のみでしたが契約しましたが、想像以上に低品質なサービスでした

りんごの品種や選び方のポイントとは?長持ちさせる方法も紹介します。| REACH STOCK(リーチストック)

価格が微妙に安く設定されていて、お試しが無く、年契約である意味が理解出来ました。完全に騙す目的ですね。。。(涙)。3,980円といえど、無駄なものにお金を支払うのは非常に悔しいです。絶対契約しない方が良いです。(2020年9月7日現在のクオリディでは)

まず、音楽が全然アップロード出来ない。90曲(600MB)程度のアップロードが一日経っても終わらず、ずっと「同期中です」の状態。クラウドがアメリカにあるのか?その時点で数万曲ある私の曲をアップロード出来ないと判断して、頑張るのをやめました。大体アップロード方法がiTunesしか無いというのが現実的ではないですね。10万曲保存できるけど、そこまで頑張れるかな!?いうことか。。。

GoogleやAmazonはクラウド基盤がしっかりしているからなのか、アップロード自体は数日で完了しました。DropboxやOne Driveへのアップロードも同等ですね。AppleはiPhoneがあるから使っていますが、こんな商売をしているようだと先が無いと思うので、将来困らないように徐々にApple離れを進めていこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です